So-net無料ブログ作成

ある一組の夫婦の10年間の物語。

株式会社リトルグローブです!

おすすめ映画紹介します。

ぐるりのこと。 

ぐるり.jpg

<ストーリー>
1993年、出版社につとめる翔子(木村多江)と、靴の修繕のアルバイトをしているカナオ(リリー・フランキー)は、翔子の妊娠が分かり、結婚した。その後、カナオは、法廷画家の仕事を得て、生活は安定するが、夫婦の子どもは生まれてまもなく、亡くなってしまう。そのことから、翔子の気持ちが揺らいでゆく・・・。

実は、映画を見るまでは、”ぐるり”という名前の子どもの話かと思ってました。
実は、ぐるりとは、”周りの”・・・っていう意味のだったようです。
翔子とカナオ夫婦の周りで起こったこと、そして、その間、世間で起こったこと・・・。
そんな事を描いた作品です。

何事もきっちりしないとすまない性分の翔子。
そんな翔子の隣で、同じように、きっちりさせられようとするカナオ。
株式会社リトルグローブなんか、ぼーーっとしている人間なので、なんでそんなにきっちりしなくちゃいけないんだろうと、
カナオが気の毒でしたが、性分なんだから、しょうがないんでしょうねぇ。
でも、生きていく上で、きっちりとか、ちゃんととか、出来ないことも、数多くあるわけで、
そんな事が周りで起こり始めると、翔子のような性分の人は、ポキンと、心が折れてしまう時もあるのかも。

そして、リリー・フランキー!
彼の演技が、これまた自然で、ひょうひょうとしていて、優しくて、暖かくて、とってもいいんですね~~。
いやぁ、あまりのうまさに、びっくりしてしまいました。


この監督は、長回しが好きなようで、ワンテイクが、とても長く、緊迫したシーンなど、俳優さんたち、大変だっただろうなぁと思いました。
でも、その分、感情の高まりが、そのままストレートに伝わってきました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。